弁護士になりたい人へ

将来は、弁護士になりたいと考え、たゆまぬ努力をしている人も存在します。
私たちが日々の暮らしを営む社会は、法律によって守られており、その法律に関する問題が起こった時、さまざまなサポートをしてくれるのが弁護士になります。
弁護士は、被告人を弁護したり、依頼者の代理を務めたりするといった裁判関係の仕事をするほか、契約書などの作成、法律相談への対応なども行ないます。

そして、弁護士になるには、日本の国家試験の中では、最難関と言われる司法試験に合格し、法曹資格を得ることが必要となります。
このライセンスを取得するためには、それなりの努力が必要ですが、もっと大事なのは、さまざまな問題に直面した時、複雑な法律知識を使いこなして、慌てることなく問題に対処する能力、人権を擁護し、正義を守り通す強い思いと言えるでしょう。

弁護士には、日本弁護士連合会への加入が義務付けられており、その加入資格が法曹資格です。
そして、法曹資格を得るために行なわれる司法試験は、短答式問題と論文式問題によって構成されています。
また、法科大学院へ通って弁護士になることを目指す場合、法学部出身者と、その他の学部を出身した人とでは、必要となる期間が違ってきますので、少しでもスピーディーに資格を取りたいという人には、早い段階で進路を決めるのがおすすめです。
このサイトでは、弁護士になりたいという人のために、お役立ち情報をお届けしてまいります。



[特別推薦サイト]
弁護士にはこちらのサイトのように慰謝料に関する相談を専門に受けている方もいます ⇒ 弁護士 慰謝料

Copyright © 2014 弁護士になるには All Rights Reserved.